×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アイデア募集中!
勉強会
私たちの勉強会はあくまで自主的な興味とエキスパートを目指し日頃から
疑問点を見つけてはそれを解決していくプロセスで勉強会をしています、
実際には勉強会と言うよりは サークルや同好会と呼ばれるものと同様の
内容です。電子工作についても真剣に取り組んでおります。
HEYM工房がバックアップしております。

2010年度は車の電子制御のシステムを調べ尽くし各動作を修理書等と比較し
確認する作業によりシステムを理解することが出来ました。
なかなか継続して続けることは難しいのですがわれわれはできる限り
継続していきます。
2011年度に入り
今年は、お金はできるだけかけないで自分達で自作できるものは格安で作る
すなわち電子工作から電子制御の理屈を深く理解することへ移行したい。
(電子工作と車の整備を結びつけることで楽しみながら車のシステムを理解する。)
自作
昨年作った水温センサーのダミー信号は市販で約18000円程度
わたしたちは3000円かからずに実現しています。
A/Tの入出力信号を確認するためのモニターも自作しました。
リモコンチェッカーについては調べたところでは市販品は約10万円します。
電界強度計を利用した物で秋月のキットを流用したものがあります。
このキットを利用したものは12000円であるようです。
秋月のきっとは私も作って実験済みです。
電界強度計を利用したものなのでかなり広範囲で反応しますが
出力の小さいものは判定が難しい場合があります。
利点としては もともと自動車用ではないのでいろいろな電波に対し反応ができる
勉強会の趣旨をご理解いただける方へ
仲間になりたい方は歓迎いたしますがあくまでも自主的な強い意志に基づくものなので
ネットを通じての情報交換も大歓迎です。
また、寄付は大歓迎です。お礼は勉強会で作った資料やチェッカーなどでいたします。
問合せ
”こんなテスターがあったらナー!”とか
”これ調べる方法はないのかなー”とか
 何でもいいので思いついたものがあれば教えてください
私たちの器量で方法を考え,チェッカーなどであれば自作してみます。
アイデアを頂いた方へは勿論回答を致します。
又.チェッカーなど自作品が出来た場合はサンプル(試作品)を差し上げます。

研究中のチェッカーなど
メーカー製の高級な機器は勿論性能もよくバージョンアップなども充実していますが
私たちは金額が同じなら自作をしたいと考えています。
自作する為にはそのシステムに対しどのようなことをすれば良いのか調べる必要があり
この作業が制御やシステムを理解するのに協力な武器になります。